最新バズ:CBDコーヒー新発売

    ガイド第2章:CBDの効果と効能をヘンプの成分から考えてみる

    • 1 min read

    CBD(カンナビジオール)の効果と効能を最大限に取り入れるためには、CBDが作られる麻(ヘンプ)に含まれる成分を知ることが必要です。成分を知ることで成分表を正しく読むことやCBDをとることによって得られる効果と効能を高めることができます。また、自分に合ったCBD製品を見つけるための手助けにもなります。
    科学的な成分名で読むのが少し億劫になるかもしれませんが、CBDの成分分析表等と見比べながら読むと興味が持てると思いますので、試してみてください。

    ■CBDって何の略?アルファベット3文字の謎
    CBDとはカンナビジオール(Cannabidiol)のことで、カンナビスに含まれる生理活性分子、カンナビノイド(Cannabinoids)の1つです。また、カンナビスにまつわる言葉は、アルファベット3文字で表すことが通例です。

    カンナビジオールはCBD、カンナビゲロール(Cannabigerol)はCBG、カンナビノール(Cannabinol)はCBN、テトラヒドロカンナビノール(Tetrahydrocannabinol)はTHCのように表記されます。THCは、マリファナに多く含まれている成分で気分をハイにさせる作用があり、カンナビノイド類の中で最も有名です。

    ■フィトカンナビノイドとエンドカンナビノイドの関係は?
    カンナビノイドはすべてのカンナビスから生産される活性化合物です。これらはカンナビスの利点のほとんどを占めています。カンナビスに含まれるカンナビノイドは、フィトカンナビノイド(Phytocannabinoids)と呼ばれています。このカンナビノイドは、植物から生産されるカンナビノイドです。

    一方、ヒトや他の哺乳類から自然に生産されるカンナビノイドもあり、これはエンドカンナビノイド(Endocannabinoids)と呼ばれています。人間の体内で自然に生産されるエンドカンナビノイドは、シグナル伝達分子で、フィトカンナビノイドの受容体として知られています。一般的にCBD等のカンナビノイドはこのエンドカンナビノイドを通して、人間に作用すると考えられています。

    ■CBDを利用するために必要なカンナビノイド6種の名前
    ヘンプに含まれるカンナビノイドは数多くありますが、その中から一般的なものを6種類だけ紹介します。

    ● デルタ-9テトラヒドロカンナビノール(THC) -カンナビノイド内で1番有名な活性化合物。気分をハイにする。
    ● カンナビジオール(CBD) - カンナビノイド内で2番目に有名な活性化合物。痛みや不安を和らげるなどの作用があるが、気分をハイにしない。
    ● カンナビノール(CBN) - 身体の支柱となる機能と快適な睡眠タイムをサポートしている
    ● カンナビゲロール(CBG) - リフレッシュ作用や身体の支柱となる機能をサポートしており、CBDと同様の性質を持っていると考えられている。
    ● カンナビクロメン(CBC) -リフレッシュ作用や身体の支柱となる機能をサポートし、CBDと同様の性質を持っていると考えられている。
    ● カンナビバリン (CBDv) - CBDと同様の作用があると考えられている。

    ■テルペンとは香りのこと。ヘンプの香りに種類があるのはなぜ?
    テルペンは、カンナビスをはじめとする多くの植物が生産する揮発性炭化水素化合物の一種です。その中でもカンナビスは最もテルペンの濃度が高い植物として知られています。テルペンは室温では蒸発しやすく、私たちの鼻はテルペンを非常に敏感に感じ取ります。

    自然界では、テルペンは害虫をよけるための忌避剤や花粉媒介者や種子散布者の誘引剤としても使用されています。テルペン分子はどれもよく似ていますが、それぞれに独特の香りと風味があり、さまざまなテルペンの組み合わせがヘンプの独特な香りを作っています。

    また、テルペンは私たちのからだにも大きな影響を及ぼすことがあります。実際、何千年もの間、アロマセラピーの効果があることから、利用されてきました。例えば、柑橘類の香りは主にリモネンとピネンの組み合わせによって生産されますが、どちらも気分を高揚させると考えられています。

    いくつかの一般的なテルペンは、リナロール、ミルセン、カリオフィレン、リモネン、テルピノレン、シトロネロールおよびカンフェンが含まれます。これらのテルペンやその他のテルペンの使用法はさまざまですが、からだの支柱となる機能やリフレッシュ作用、全体的な健康をサポートするための使用方法があります。

    ヘンプでは、植物の雌花の中に最高濃度のテルペンが生産されています。テルペンはカンナビノイド受容体にも作用し、カンナビノイドの作用を変えることが知られています。

    ■テルペン×カンナビノイドでアントラージュ効果アップ
    全体的な作用という点では、テルペンはカンナビノイドほど強い影響力はありませんが、テルペンもヘンプの貴重な成分です。カンナビノイドとテルペンの豊富な組み合わせによって個々の成分の合計より大きな作用をもたらすことをアントラージュ効果(相乗作用)と呼びます。CBDオイル摂取時にも、CBDとテルペンを一緒に摂取すると、個々の成分の合計より大きな作用をもたらすと考えられています。

    ブログ:CBDにテルペンを加える理由
    ブログ:テルペンと麻品種の香りの紹介

    ■まとめ
    ヘンプには、様々なカンナビノイドが含まれていて、CBDの特徴が分かったと思います。カンナビノイドを知ることで、効果を最大限に高めることができるかもしれません。また、カンナビノイドを摂取するためにエンドカンナビノイドが重要な役割を持っていることやヘンプの香りの基となるテルペンの働き、CBDの効果を説明するときによく使われているアントラージュ効果という言葉の意味が分かったと思います。CBD製品を選ぶときは、含まれる成分にも着目してみてください。

    ブログ:はじめに~CBDの使い方と選び方ガイド~
    ブログ:ガイド第1章 CBDとは何か
    ブログ:ガイド第3章 CBDの種類とあなたに適しているCBD製品の見つけ方とは
    ブログ:ガイド第4章 CBDやCBDオイルの適量は?効果はどのくらいで感じられるのか?
    ブログ:ガイド第5章 CBDはどこで販売している?高品質なCBD製品の探し方

    LINK:チラクシー・オンラインストア