7月4日CBDイベント開催予定!

詳細

    ガイド第1章:CBDとは何か

    • 1 min read
    CBDとは何か、日本では合法なのか違法なのか、ヘンプ由来と大麻由来のCBDの違いなどを学びましょう。

    ■CBDとは何か。
    CBD(カンナビジオール)とは、カンナビス・サティバに属する麻(ヘンプ)から抽出した天然食用成分です。CBDはハーブポリフェノールで、痛みや不安を和らげるなどの作用があると言われており、世界中の人々がさまざまな目的で利用しています。

    ■大麻由来とヘンプ由来のCBDの違い、合法と違法の違いはどこか
    ヘンプと聞くと大麻と同じものだと考える人もいます。では、大麻とヘンプの違いはどこにあるのでしょうか。その答えを知るためにはCBDが採られるカンナビスという植物について知りましょう。

    カンナビスは、アサ科に属する植物で、主にサティバ種、インディカ種、ハイブリッド種の3種類があります。

    サティバ種は背が高い樹木で7m位になるものもあります。葉の形状は細長く、花は密集していません。茎から丈夫な繊維がとれるので,昔から繊維をとる工業用植物として栽培・利用されてきました。そして、サティバ種のカンナビス は CBDの含有量がインディカ種よりも多く取れるという特徴があります。

    一般的に産業用ヘンプと呼ばれる麻(アサ)は、カンナビス・サティバ種に属します。ヘンプにはCBDが多く含まれていますが、いわゆる「ハイになる」活性物質であるTHCの含有量はごくわずかです。実際、アメリカ等の海外で合法的に栽培されるためには、ヘンプに含まれるTHC含有量は、0.3%未満でなければなりません。

    一方、インディカ種は背が低く、成長しても2m位にしかなりません。葉は肉厚で花も密集しています。インディカ種はTHCの含有量が多く、CBD含有量が少ないという特徴があります。一般的にCBDの産業用精製にインディカ種は使用されません。

    つまり、サティバ種のカンナビスは、産業用ヘンプ・麻と呼ばれ、それから採れるCBDはTHC含有量が少ない(日本に輸入する場合、検出されない量)ため、合法。一方、インディカ種は、精製されたCBDはTHCの含有量が多いため、違法となります。

    最後に、インディカ種やサティバ種等の複数の品種を掛け合わせたカンナビスのハイブリッド種もあります。何世代にも交配を重ねることで、害虫や病気への免疫も高く、特定のフレーバーや効果をもつカンナビス品種ができます。

    ■CBDの品質は不純物で決まる?純度、品質が高いのは何か?
    CBD製品を選ぶときに含有量に目が行きがちですが、CBD自体の品質にも注目してみましょう。品質を見極めるときに抽出過程とその過程でつくられるCBD商品を知ることで、必要な品質と合法なCBD商品を見分けることができます。

    まず、未精製からCBD商品として売られるまでをステップ1~5に分けました。順を追ってみてみましょう。

    ステップ1:未精製ヘンプ抽出物
    ヘンプのエッセンシャルオイルから最初に抽出し作られるものは、未精製のヘンプ抽出物です。このオイルには、ワックスやクロロフィルのような必要のない化合物が含まれているため、匂いや色が付いています。

    ステップ2:CBD濃縮物(CBD ディストレート)
    未精製のヘンプ抽出物から、ワックスやクロロフィルのような必要のない化合物を除去し、ろ過や蒸留などを経て、つくられたCBD含有量が高い精製油をCBD濃縮物(CBD ディストレート)と呼びます。

    ステップ3:フル・スペクトラムCBDオイル
    未精製のヘンプ抽出物には、CBDによく似た他のカンナビノイド(麻特有の有効成分の総称)とテルペン(植物成分)が含まれています。これらの元々含まれていた天然成分を全て取り除かずそのままにしているCBDをフル・スペクトラムCBDオイルと呼びます。フル・スペクトラムCBDは、THCを微量含むため、日本国内では取り扱えません。

    ステップ4:ブロード・スペクトラムCBDオイル
    ブロード・スペクトラムCBDオイルは、フル・スペクトラムオイルに非常に似ています。ブロード・スペクトラムCBDオイルもフル・スペクトラムと同様にカンナビノイドとテルペンが含まれていますが、唯一の違いは、THCを取り除いていることです。ブロード・スペクトラムCBD製品は、日本国内でも取り扱いできます。

    ステップ5:CBDアイソレート(分離物)
    CBD以外のカンナビノイドやテルペンを全て除いた純粋なCBD分離物の事をCBDアイソレートと呼びます。CBDアイソレートは、パウダー状の無味無臭の固体結晶で、取り扱いが容易であり、化粧品、食事、飲料などさまざまな物に加える事ができるため、汎用性が一番高いCBD製品です。一般的には自分で商品をつくりたい人やすでに持っている製品のCBD濃度を濃くしたいときに添加するなどの用途で利用します。

    ■まとめ
    最近、メジャー雑誌でも取り上げられるようになったCBD(カンナビジオール)。植物由来の成分で、痛みや不安を和らげるなどの作用があると言われていることから、脱ケミカルを目指す人からも注目を集めています。麻というとどうしても麻薬を連想しがちですが、産業用麻(ヘンプ)からは、THCが検出されないため、日本で流通しているCBDは合法であることも分かったと思います。ただ、ホームページに検査証が公開されているなど、そのCBDが安心かどうか確認をすることが大切です。また、CBD自体の品質などにも興味を持って商品を選んだり、安全にCBDの世界を楽しんでいただけたらと思います。


    ブログ:はじめに~CBDの使い方と選び方ガイド~
    ブログ:ガイド第2章 CBDの効果と効能をヘンプの成分から考えてみる
    ブログ:ガイド第3章 CBDの種類とあなたに適しているCBD製品の見つけ方とは
    ブログ:ガイド第4章 CBDやCBDオイルの適量は?効果はどのくらいで感じられるのか?
    ブログ:ガイド第5章 CBDはどこで販売している?高品質なCBD製品の探し方

    LINK:チラクシー・オンラインストア